シリコンバレーの人の自己肯定感がすごすぎる訳

シリコンバレーの人の自己肯定感がすごすぎる訳

シリコンバレーで働く人たちはなぜ自己肯定感が高いのでしょうか(写真:Kostiantyn Postumitenko/PIXTA)

2017年の調査データ(国立青少年教育振興機構「高校生の心と体の健康に関する意識調査」より)によると、「自分は価値のある人間だと思う」という高校生への問いに対し、「イエス」が日本では45%、アメリカでは84%だった。このように、諸外国の中でもアメリカの人々の“自己肯定感”は高いというデータは多く出ているが、それを身をもって感じているのが、ライフコーチの宮崎直子さんだ。

人生のほぼ半分を日本、残りの半分をアメリカで暮らし、日本とシリコンバレーのIT業界で仕事をしてきた宮崎さんが、アメリカの“鋼の自己肯定感”を育てる文化について解説する。鋼の自己肯定感とは、一度上がったら二度と下がらない一生ものの自己肯定感のことだ。

本稿は『鋼の自己肯定感 〜「最先端の研究結果×シリコンバレーの習慣」から開発された“二度と下がらない”方法』より一部抜粋・再編集してお届けします。

これは、私の娘がシリコンバレーの小学校に通っていた頃の話である。娘が学校で書いてきた作文を読んで驚いた。1ページぐらいのその作文は、誤字脱字だらけだったからだ。

でもそれよりもさらに驚いたのは、それを先生が奨励しているということだった。私が日本の幼稚園児だったとき、母の誕生日に書いたメッセージが、「ママおめでとう」ではなく「アアおめでとう」になっていたので、母からひどく怒られたことをふと思い出した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)