「空気感染」日本であまり知られていないカラクリ

「空気感染」日本であまり知られていないカラクリ

パーティションはむしろ危険? 科学的で合理的な対策を推し進める必要がある(写真:metamorworks/PIXTA)

新型コロナウイルス(以下、コロナ)対策について講演することがある。その際、聴衆がいちばん驚くのは、「私の前にあるパーティションは感染予防に無効なだけではなく、むしろ危険だと言われている」と語るときだ。

根拠となるのは、幾つかの臨床研究だ。例えば、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究チームは、2020年11月24日〜12月23日、および2021年1月11日〜2月10日の間にフェイスブックを通じて収集した214万2887人のデータを分析し、学校などでの遮蔽物の利用が感染リスクを高めていたことを、2021年4月29日にアメリカ『サイエンス』誌で発表している。

パーティションが気流を妨げ、コロナの伝播を増加さらに、『サイエンス』誌は2021年8月27日に公開した総説「呼吸器ウイルスの空気感染」で、この論文を引用し、「屋内空間での咳やくしゃみからの飛沫を遮断するために設置された物理的なパーティションは、気流を妨げ、呼吸ゾーンでより高濃度のエアロゾルをトラップする可能性があり、コロナの伝播を増加させることが示されています」と紹介している。

『サイエンス』誌は世界最高峰の科学誌で、論文が掲載されるには、相当なエビデンスが求められる。世界中の研究者は、このような雑誌に掲載された論文、特に総説はコンセンサスとして取り扱う。

ところが、日本は違う。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)