ゲーム中毒の子に苦悩する親に知ってほしい心得

ゲーム中毒の子に苦悩する親に知ってほしい心得

ゲームを買い与えるならば親には覚悟が必要です(写真:takeuchi masato/PIXTA)

新学期を迎え、一学年成長したわが子の変化に、戸惑う親も多いのではないでしょうか。

「うちの子、もしかして反抗期!?」と悩む前に、親側が準備できる心構えとは?

児童の自主性・自立性を引き出す授業で定評のある小学校教諭・沼田晶弘氏の著書『もう「反抗期」で悩まない! 親も子どももラクになる“ぬまっち流”思考法』より、子どもがゲームをやめられないときの対応を解説します。

前回:反抗期の子を失望させる「早くしなさい!」の不毛(4月21日配信)
前々回:反抗期の子を絶望させる親の何とも残念な接し方(4月13日配信)

ゲームをやめられないのは当たり前これまで何度も、親御さんから「うちの子は決められた時間にゲームをやめられない」という相談を受けてきました。

ゲーム機という機器をお子さんに与えるときは、その瞬間から、長きにわたるゲームとの闘いが繰り広げられることになるのだと、覚悟が必要です。

なぜなら、面白いからです。任天堂やソニーなど、日本が世界に誇るスーパークリエイターたちが、日夜必死でゲームを開発しています。世界中がそれを買い求め、熱狂しているのです。面白くないわけがありません。

何が言いたいかというと、

「30分だけゲームさせて」

と、お子さんが言ったとしても、30分でやめられはしません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)