アメリカのインフレはそう簡単には収まらない

アメリカのインフレはそう簡単には収まらない

アメリカでの日常生活では「生活費15〜20%アップ」は当たり前。マクロ的な数値よりも厳しいものがある(写真:ブルームバーグ)

4月の中旬、約2カ月半ぶりにニューヨーク(NY)に戻ってきた。東京とNYを行ったり来たりの二重生活も5年を超えてきた。最近はようやく改善されつつあるが、ちょっと前までは新型コロナウイルスに関する水際措置の影響などで、それぞれにおける滞在期間が長く、しんどかった。

NYを発って東京に向かう際には大雪で1日出発が遅れるほどだったのが、帰ってみると、あちこちで桜が満開だ。オミクロン株の感染はいまだに猛威を振るっているが、当局が経済活動を優先する方向に方針転換したこともあり、街はすっかり活気を取り戻している。

地下鉄やバスなどの公共交通機関ではまだマスクの着用が義務づけられているものの、屋外でマスクをする人は少数派となっている。人気の観光スポットなども人でごった返しており、コロナの影響を見つけるのは日増しに難しくなっているというのが現状だ。

マンハッタンにおけるアパートの家賃は、2月・3月と連続で過去最高を更新したらしいが、やはりそれだけ街に人が戻っているということだろう。

堂々値上げ、その分「サービス+スマイル」のアメリカもっとも、まったく元どおりになっていないこともある。それは、アパートの家賃高騰でもわかるように、物価である。

筆者が住んでいるのは、ブルックリン地区のサンセットパークというところだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)