トヨタとホンダ、旧車部品再販車種が増えない訳

トヨタとホンダ、旧車部品再販車種が増えない訳

トヨタは、GRヘリテージパーツとして、現時点で4車種の旧車部品を復刻している(筆者撮影)

スポーツカーを中心に盛り上がりをみせる国産旧車ブーム。例えば、1967年発売のトヨタ「2000GT」が1億円、1989年の日産「R32型スカイラインGT-R」が1000万円を超える値段で取引されるなど、人気車種は価格が高騰し、まるでバブル景気の様相を呈している。また近年は、1980年代から2000年代前半に生産されたスポーツカーを中心に人気車種が拡大しており、数年前までなら手の出たモデルも高嶺の花となってきている。

そうした国産旧車ブームを背景に、自動車メーカーも生産終了モデルのなかで、とくに人気の高い車種については補修部品などを復刻し、販売する取り組みを行っている。一方でレストア業者などからは、「人気のある旧車でもメーカーから部品の出ない車種は多い」といった声も上がる。これは、メーカーが展開する部品再販サービスに対応している車種の少なさが要因となっている。

例えば、トヨタが展開する「GRヘリテージパーツ」では4車種(2000GT、A70型/A80型スープラ、AE86型カローラレビン/スプリンタートレノ、40系ランドクルーザー)、日産の「NISMOヘリテージパーツ」では3車種(R32型/R33型/R34型スカイラインGT-R)、ホンダは「NSX」や「ビート」など、マツダは2車種(NA型ロードスター、FC型/FD型RX-7)といった具合だ。各メーカーの現状を見ると、ほんの一握りの車種にしか部品再販サービスを展開していないことがわかる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)