ウクライナ支援にポーランドが全力を尽くす理由

ウクライナ支援にポーランドが全力を尽くす理由

ロシア軍による侵攻を逃れ、ウクライナから国境を越えてポーランドに入国するウクライナ人たち(写真・Bloomberg Finance LP)

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、ロシアによるウクライナ侵攻で、2月24日から4月28日までの間に、2899人のウクライナ市民が死亡、うち210人が子どもだったと発表した。けが人も1754人に達し、被害者は現在も増え続けている。そのような中、避難者への人道支援では、ウクライナの隣国であるポーランドが中心的な役割を担っている。

ポーランドの支援の裏には、国際政治面を考慮したことに加え、歴史的に弱者に寄り添い支えようとする精神が社会の隅々にまで浸透していることが根底にある。情勢が日々変化し、支援も困難を極めるウクライナ情勢について、駐日ポーランド大使館と日本のウクライナ支援の最前線に立つ社会福祉法人福田会に話を聞いた。



1日1000トンの支援物資が必要駐日ポーランド大使館によれば2022年4月15日現在、ウクライナからの避難者は270万人に達している。侵攻直後は1日当たり10万人、今は同2万人が入国しているそうだ。ウクライナでは18歳から60歳の男子には動員令が発令されているため出国できず、避難者の9割以上が女性と子どもが占めており、首都ワルシャワでは、住民の17%がウクライナ人となっている。ウクライナでは1日当たり1000トンの支援物資が必要とされ、大部分がポーランドから送られている。ポーランドの役割がいかに重要かがわかる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)