「返事をしない子が絶望する」親の残念な話し方

「返事をしない子が絶望する」親の残念な話し方

親の話し方に子どもが反発する理由があるかもしれません(写真:ペイレスイメージズ1(モデル)/ PIXTA)

新学期を迎え、一学年成長したわが子の変化に、戸惑う親も多いのではないでしょうか。

「うちの子、もしかして反抗期!?」と悩む前に、親側が準備できる心構えとは?

児童の自主性・自立性を引き出す授業で定評のある小学校教諭・沼田晶弘氏の著書『もう「反抗期」で悩まない! 親も子どももラクになる“ぬまっち流”思考法』より、何を話しかけても返事をしない子どもへの対処法を解説します。

第1回:反抗期の子を絶望させる親の何とも残念な接し方(4月13日配信)
第2回:反抗期の子を失望させる「早くしなさい!」の不毛(4月21日配信)
第3回:ゲーム中毒の子に苦悩する親に知ってほしい心得(4月27日配信)

「返事をしない」子どもは何を考えているのか話しかけても返事をしない、というのは「反抗期」のお子さんあるあるの1つですね。子どもが返事をしない理由は、大きく3つに分けられると思います。

1つは、集中しているとき。夢中になっているときの子どもの集中力は、半端なものではありません。テレビやゲーム、本や遊びに一生懸命になっていて、親御さんの声が耳に入っていない可能性があります。

でも、集中すること自体は、悪くないと思いませんか? 対象が何であれ、興味をもっているのです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)