吉岡里帆さん、移動の車に「枕と布団」常備するワケ

吉岡里帆さん、移動の車に「枕と布団」常備するワケ

演技の幅を広げている女優・吉岡里帆さん(撮影:梅谷秀司)

根強い人気を誇る女優、吉岡里帆さん。4月に公開された映画『ホリック xxxHOLiC』では、セクシーな悪女・女郎蜘蛛役に挑戦。演技の幅を広げている。

5月20日公開の主演映画『ハケンアニメ!』では、新人アニメーション監督・斎藤瞳を好演。本作の前半部分では、世間に定着しているイメージを封印。観ているこちらも胃が痛くなるようなヒリヒリしたシーンの連続で笑顔を封印して新境地を開拓した。

移動の車に「枕と布団」を常備するワケ――『ハケンアニメ!』で演じた斎藤瞳は、作品作りに妥協しないアニメーション監督です。吉岡さんがプライベートで妥協しないモノやコトを教えていただけますか。

日頃のテーマは、「どれだけリラックスできる時間を作れるか」です。自宅での寝心地には妥協せず、こだわっています。具体的には、お布団や枕などの寝具を、より良いものをいつも模索しています。

お布団は、素材が変わるだけでずいぶん寝心地が変わると聞いたことがあるので。枕は使い続けると安定する首の位置が変わっていくらしく、合うお布団もそのときどきで変わるそうです。そのときにベストなものを常に探しています。

基本的にはシーズンごとに買い替えていますが、以前使っていた寝具も保管しておいて、使っている寝具の寝心地が変わったら取り替えて使っています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)