キングダムに学ぶ「権力闘争」現代にも通じる本質

キングダムに学ぶ「権力闘争」現代にも通じる本質

東京大学の小島武仁教授が『キングダム』の魅力を語ります(?原泰久/集英社)

東洋経済オンラインでは、期間限定で大人気漫画『キングダム』の序章を無料で公開中だ(こちらからご覧ください)。2000年以上前の中国で縦横無尽の活躍を見せるキャラクターのなかには、後に始皇帝となる若き王・?政(えいせい)など実在の人物も含まれる。

経済学を専門とし、漫画やアニメを愛好する東京大学の小島武仁教授は『キングダム』既刊64巻を最近、一気読みしたという。アメリカのハーバード大学で博士号を取得し、前職はスタンフォード大学の教授、現在は東京大学マーケットデザインセンターのセンター長も務めながら、精力的に研究活動を行っている小島教授。経済学者は『キングダム』をどう読んだのか。

後編では、30話以降の具体的な展開にも触れながら語る。

前編:東大教授が熱弁「キングダム」が経済学的に深い訳

秦の中枢で行われる権力闘争がいちばん面白い――前編は、『キングダム』の魅力に加え、経済学の視点を取り入れながら「レピュテーション」の問題や、「低成長」に関してお話ししていただきました。ここからは、『キングダム』の大きなテーマの1つ、「国のあり方」について伺いたいと思います。

『キングダム』は他国との戦いを中心にストーリーが進みますが、僕がいちばん面白いと思ったのは、秦の中枢で行われる権力闘争です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)