芸人の「本音トーク」を受け止めた視聴者の変化

芸人の「本音トーク」を受け止めた視聴者の変化

オードリーはゲストの赤裸々トークをうまく引き出していく(写真:『あちこちオードリー』公式サイトより)

一昔前までのテレビの世界は、一般庶民が憧れの眼差しを向ける「夢の舞台」だった。そこで放送されるバラエティ番組は一種の「ショー」として視聴者を魅了していた。当然、視聴者が目にするのはその舞台の華やかな表の部分だけであり、楽屋裏を覗くようなことはできなかった。

その時代には、お笑い芸人もテレビの中で裏側の部分を語るようなことはほとんどなかった。そんな不文律を破って業界に風穴を開けるきっかけになった番組の1つが『アメトーーク!』(テレビ朝日)である。

『アメトーーク!』では、毎週特定のテーマに合わせて多くの芸人が集められ、トークを展開している。テーマにはいくつかの種類があるのだが、その中にお笑い業界内部の話題を扱うものがあった。

テレビの向こう側の「職人の世界」を披露その先駆けとなったのは、品川庄司の品川祐がプレゼンして実現した「ひな壇芸人」である。今でこそ「ひな壇芸人」という単語は一般にも馴染みのある言葉になっているが、それが広く認知されたのはこの企画からだ。

「ひな壇芸人」の回では、ひな壇に座ってトークをすることを生業としている芸人たちが集まり、そこで必要とされる能力や自分が目立つためのテクニックについて事細かに語った。それは、ぼんやりとテレビを眺めているだけではわからない芸人側の苦労や創意工夫を知ることができるという意味で、実に刺激的なものだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)