北朝鮮がいきなり「感染大爆発」を公表した真因

北朝鮮がいきなり「感染大爆発」を公表した真因

北朝鮮では4月下旬から感染が広がり始め、5月16日時点では感染が疑われる発熱者が累計120万人を超えたとしている(写真:AP Photo/Lee Jin-man)

北朝鮮では2年間にわたり新型コロナウイルス感染症の流行を抑えてきたが、ここへきて政権側も驚きを隠せないほどの勢いで爆発的に感染が広がっている。

北朝鮮の公式発表によると、感染爆発の中心地は首都平壌である。当局は感染拡大を食い止めるのに奮闘しており、全国的なロックダウンを命じている。4月下旬に流行し始め、発熱者の数は5月16日までに120万を超え、これまでに50人が死亡。5月14日から1日で感染が疑われる発熱者の数は約39万人に達し、1日で10万人以上増えている。現在世界中を襲っている感染力の強いBA.2オミクロン変異株による死者も、少なくとも1人、おそらくはそれ以上かと思われる。

すでに「非常に脆弱な状態」の地域北朝鮮の新型コロナの検査能力は非常に限られているため、公衆衛生の専門家はこのデータを慎重に取り扱っている。公式の発表資料には「発熱」 の発生だけが記載されており、これはウイルスに起因している疑いがある。

ただ、エジプトの公衆衛生専門家であり、過去20年間、世界保健機関(WHO)とユニセフのために、北朝鮮で広範囲にわたり研究を行ってきたナギ・シャフィク医師は、「(感染拡大は)確認されていることではない」と念を押す。

とはいえ、感染拡大が、多くの人道支援の専門家が「非常に脆弱」と呼ぶ状況の中で起こっているとしたらそれは深刻だ。医療機関は時代遅れの機器しか備えておらず、医薬品などモノも、電気など必要なインフラも足りていない。「医療機関はそうした緊急事態に耐えられる設備を持っていない」とシャフィク医師は語る。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)