デジタル化「進まぬ日本」「成功する台湾」決定的差

デジタル化「進まぬ日本」「成功する台湾」決定的差

国際ジャーナリストの堤未果氏と台湾のデジタル担当大臣であるオードリー・タン氏の対談をお届けします(左写真:今井一詞、右写真:福田恵介)

日本で長年課題とされながら、なかなか進まないデジタル化。スイスの国際経営開発研究所(IMD)が発表した「世界デジタル競争力ランキング2021」で、日本の総合順位は64カ国・地域中28位と過去最低だった。

一方で、急速に順位を挙げているのは台湾だ。2018年は16位(日本は22位)だったが、2020年は8位に浮上した。新型コロナウイルス感染拡大阻止の成功例として国際的に注目されたことも記憶に新しい。

なぜ台湾はデジタル化の推進に成功しているのか。著書に『デジタル・ファシズム:日本の資産と主権が消える』がある国際ジャーナリストの堤未果氏が、台湾のデジタル相オードリー・タン氏とオンラインで対談し、その実態を全3回で解き明かした。

第1回は「デジタル民主主義」について。

非常時にも既存の技術を使って対応した台湾堤:私は昨年、『デジタル・ファシズム』という新書を出したのですが、これを書いたきっかけは、社会のデジタル化が一部の人たちのビジネス論理だけで進められ、いつの間にか民主主義が侵食されてしまうことへの危機感があったからです。

警鐘を鳴らすのと同時に、私たち市民が、何が起きているかを知り、デジタル化の先にある社会の設計に当事者として参加する意識を持てれば、今よりもっと幸せな社会を作るチャンスにできるはず、という希望のメッセージもこめました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)