上海のワイヤーハーネス工場「操業再停止」の痛手

上海のワイヤーハーネス工場「操業再停止」の痛手

ワイヤーハーネスは自動車の「神経」と呼ばれる基幹部品だ(写真はアプティブのウェブサイトより)

5月8日、上海市内にある自動車向けワイヤーハーネスの工場で、従業員から新型コロナウイルスの感染者が確認された。工場では直ちに外部との出入りを遮断する封鎖措置が採られ、生産はストップした。

このワイヤーハーネス工場は、アメリカの自動車部品大手のアプティブが上海市内に3カ所持つ生産拠点の1つだ。財新記者の取材に対し、アプティブは上述の事実を認めた。

上海市では、3月下旬から新型コロナの流行を封じ込めるためのロックダウン(都市封鎖)が続いている。市政府は経済への打撃を緩和するため、操業を優先的に再開すべき企業を指定して支援。アプティブはその第1陣のリストに入り、ワイヤーハーネス工場は4月29日に再稼働していた。しかし、わずか10日で再び生産停止に追い込まれた格好だ。

アプティブの前身は、アメリカ自動車大手のゼネラルモーターズ(GM)の部品事業部門が1990年代に分離独立したデルファイ・オートモーティブ・システムズだ。同社は2017年にパワートレイン事業を切り離した後、社名をアプティブに変更した。

テスラ車の6割近くが上海製業界関係者によれば、アプティブの上海ワイヤーハーネス工場の製品納入先は、アメリカのEV(電気自動車)大手テスラの上海工場やGMの中国合弁会社の工場などだ。

ワイヤーハーネスは自動車の基幹部品の1つであり、車載電子機器の制御やデータ伝送などを媒介する「神経」の役目を担っている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)