中国自動車大手「上海汽車」、4月の生産販売激減

中国自動車大手「上海汽車」、4月の生産販売激減

上海市は中国有数の自動車産業の集積地で、ロックダウンの影響は計り知れない。写真は上海汽車集団の乗用車工場(同社ウェブサイトより)

中国の国有自動車最大手、上海汽車集団の生産・販売台数が激減している。本拠地の上海市で新型コロナウイルスの感染が拡大し、3月下旬からロックダウン(都市封鎖)が続いているためだ。

同社が5月6日に公表した2022年4月の生産・販売実績によれば、広西チワン族自治区にある上汽通用五菱汽車および海外工場を除いた生産台数は前年同月比71%減の7万5629台、販売台数は同69%減の8万1056台に落ち込んだ。

上海市のロックダウンはすでに1カ月以上続いている。上海汽車集団ではドイツのフォルクスワーゲン(VW)との合弁会社の上汽大衆汽車、アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)との合弁会社の上汽通用汽車、独自ブランドの上汽集団乗用車、同じく上汽大通汽車などが上海市内に生産拠点を構えており、事業活動が深刻な影響を受けている。

中国では3月以降、新型コロナ(のオミクロン変異株)の感染拡大が各地で相次ぎ、国有自動車大手の中国第一汽車集団の本拠地である吉林省長春市でも3月中旬から4月下旬まで約1カ月半にわたってロックダウンが実施された。上海と長春は中国有数の自動車産業の集積地であり、完成車メーカーだけでなく部品メーカーも相次いで操業停止に追い込まれた。その影響はいまや中国全土に波及している。

生産計画や在庫管理が困難に中国本土の株式市場に上場している自動車部品メーカーの約半数は、上海市、江蘇省、浙江省などの長江デルタ地区に本拠を置く。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)