平気で「ドレッシング」を買う人の3大深刻盲点

「イタリアン」や一部の「和風ドレッシング」などが、そうです。かけるときに瓶を振って混ぜ合わせます。

それから2番目は「乳化液状ドレッシング」。油と水分が混ざって乳化しているタイプです。「シーザードレッシング」や「ごまドレッシング」などがこのタイプです。

3つめは「ノンオイルドレッシング」。正式名称は「ドレッシングタイプ調味料」といって、本来はドレッシングには分類されません。

私は普段、家で食べるときは、家族みんな「自分用のドレッシング」をそれぞれ手作りするので、市販のドレッシングは使わないのですが、今回、市販のドレッシングをあれこれ試食してみて驚きました。私が総合商社の食品部門でドレッシングメーカーに食品添加物を卸していた時代とは様相がまったく異なっているのです。

今回は、このサラダドレッシングの「残念な真実」に迫りたいと思います。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)