戦後日韓関係を舞台裏で支えた韓国知識人の独白

戦後日韓関係を舞台裏で支えた韓国知識人の独白

韓国を代表する知日派知識人だった崔書勉氏。日本の韓国研究に貢献しただけでなく、現代史にも深く関与した(写真・小針進氏提供)

2022年5月10日、韓国に新政権が発足した。文在寅大統領から引き継いだ尹錫悦大統領は、前政権で「史上最悪」とまで言われるほど悪化した日韓関係の改善に、すでに意欲を示している。1965年の国交正常化以降、日韓には政官財学界をはじめあらゆるパイプが存在していた。さまざまな問題が日韓間で生じたときにも、陰に陽にあらゆる人脈が動員され、関係を修復してきた歴史がある。

中でも、1人の韓国人が注目される。崔書勉(チェ・ソミョン、さい・しょべん、1928〜2020年)。1957年に当時の李承晩政権から迫害されて日本へと逃れ、1998年に帰国するまで東京に設置した国際韓国研究院を拠点に日本における韓国研究に貢献してきた。また、単なる学者にとどまらず、日韓現代史の表舞台で活躍した人々と深く交流し、日韓外交の怪物・フィクサーとして名をはせた人物でもある。

この崔氏が生前、日本の研究者らを前に語った内容がオーラルヒストリーとして1冊の本にまとめられた(『崔書勉と日韓の政官財学人脈』)。本書から、福田赳夫元首相と朴正熙大統領と日本財界との関係の一場面を紹介する。

金大中大統領を大事にした福田赳夫首相――金大中(元大統領)と福田赳夫を会わせる機会をつくったと、あるところに出ていましたが。


崔 金大中君が国会議員になって初めて日本に来たとき、私は既に狸穴(編集者注:東京都港区)で韓国研究院をやっているときで、本当に久しぶりに私は国会議員になったことを喜んだし、彼は僕が無事に亡命して生きていることに対して喜びをお互いに交歓した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)