戦後日韓関係を舞台裏で支えた韓国知識人の独白

彼が、この机の4分の1ぐらいの箱を持って来て、「自分は国会で経済分科委員になったが、専売局が経済庁に入っているので、日本に来るといったら朝鮮人参をいっぱいくれた。私は東京に友達もいないし、あげる人はあなたしかいないので、あんたに全部渡す」と。私は、俄に大変な贈り物をいただいて、あのときは有効に使った記憶があります。

彼が何日か予定に従って行動した後、再び私のところに来まして、「私が日本に来たところで、誰か将来つきあうことによって韓国のために、私のためになる人はいないかね」と言うので、「福田赳夫さんだったらどうかね」と言ったら、「そんな人に会えるの?」というんです。「連絡してみる」と。それで福田赳夫先生に紹介したら、こいつが口が上手でしょう。べらべら喋って、あのときはあんまり反政府で固まっていない、生ぬるい時代ですから内容は激しくはなかったけれども、「韓国は38度線を守っているので、日本は韓国に援助をするのはあたりまえ中のあたりまえだ」と、こんな誰も言う話をまたするから福田先生が聞き飽きちゃって、「ああ、よくわかりました。ところであなた、いまは幾つ?」「39」とか何とか言ったら、「いやあ、お兄さん」と。突然お兄さんと呼ばれて金大中はびっくりして、「何がお兄さんです」と。私もびっくりしたら、「私は明治39年生まれだけれども、あれ以来年をとっていないから、お兄さん。39だから自分より1つ上だ」というので、「1つ上のお兄さん」と言って、金大中には非常に印象深く植えつけた会合でした。僕は、「おまえ、38度線はもうみんな聞き飽きているよ。あれはもう二度と言うな」と言ったら、「いや、私は韓国人として言うのはそれしかないじゃないか」というのが、最初の頃でした。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)