ウクライナ「世界遺産」守るにはどうしたらいいか

ウクライナ「世界遺産」守るにはどうしたらいいか

キーウの聖ソフィア大聖堂は1037年に建立された(写真:Ko Hon Chiu Vinent)

ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が続いています。気持ちが擦り減るようなニュースの中、攻撃を受けて瓦礫の山となった街の様子も頻繁に目に入ってきます。

キーウの聖ソフィア大聖堂と関連する修道院建築物群、キーウ-ペチェールスカヤ大修道院や、リヴィウ歴史地区など、6つの世界文化遺産を擁するウクライナには、そのほかにも文化財が数多く存在します。そのような文化財は、ロシアによる侵攻によってどうなってしまうのでしょうか。戦時における文化財の保護の仕組みを紹介します。



国連が定めた文化財保護条約武力紛争の際の文化財の保護については、その名も「武力紛争の際の文化財の保護のための条約」(1954年にハーグにて採択、以下「1954年ハーグ条約」)と、2つの議定書という国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)による条約があります。

1945年10月の国際連合の設立自体が、第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえたものですが、ユネスコはその1年後に設立された、教育、科学、文化に特化して平和に向けた取り組みを行う専門機関です。

ユネスコ憲章の前文には象徴的な次の言葉が含まれています。「戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」。世界中のさまざまな風習や文化の相互理解を通して国際平和を実現することがユネスコの目的なのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)