時代の最先端を走った、「新幹線500系」の人気健在

氏は、改正初日にE2・E3系「やまびこ1号・こまち1号」に乗り、4月に入ってからこの500系のほか、JR東西線(3月8日開業)や北越急行ほくほく線に乗る行動予定について「1か月わたって新系列列車と新線を楽しめるとは、冥利に尽きる」と記している。JR各社がいかに躍進していた時代か、熱が感じられる。そして、新大阪駅で対面を果たした瞬間には「電車というより生きもののようである。顔は鳥だが、全体としては胴長の哺乳類を思わす温かさを感じた。ぬめぬめした爬虫類のイメージではない。きれいだ」と感想を伝えている。

続きは 東洋経済オンライン で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)