アイデアが「バカウケする人」の頭の使い方4工程

アイデアが「バカウケする人」の頭の使い方4工程

「バカウケするアイデア」を考えつく人が無意識に踏んでいる「4工程」とは?(画像:Graphs/PIXTA)

「コンペに負け続けて仕事ゼロ」から一発逆転、「毎年、アイデア1本で数千万円の仕事をいくつも獲得し続けている」男がいる。杉森秀則、組織に属さない「一匹狼」でありながら、大企業を相手に「勝率88%以上」を誇る常勝プランナーだ。

多くの業界人が知りたがった杉森氏独自の「アイデア発想法」を初めて公開した『バカ勝ち!アイデア――人生のチャンスをすべてモノにする最強の発想法』が刊行された。

「断言します。アイデアは、人生を変革します。アイデアひとつで、周囲の人と同じだった人生が一変します」

そう語る杉森氏に、アイデアがもつパワーと、「ひらめき不要」「超実戦的」なアイデア術を解説してもらう。

なぜ、次から次へアイデアを生み出すことができるのか商品でも広告でも音楽でも、ヒットメーカーと呼ばれる人がいます。企業の中にも、毎回面白い企画を出し続けるアイデアマンがいます。

あなたも、人生で何度も「うらやましい!」と思ったことがあるでしょう。

「才能のある人はいいなー」

「閃めきが天から降ってくるなんてホントすごい」

「自分にはまったく無理だ」

では、なぜ、彼らは面白いアイデアを発想し続けることができるのでしょうか?

閃きでしょうか? 才能でしょうか? 

そこで、改めて、ヒットメーカーやアイデアマンと普通の人との違いを考えてみましょう。彼らの頭の中はどうなっているのでしょうか。

キーワードは、「ハエの能力」です。ヒットメーカーは「ハエ」なのです。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)