企業分析のプロが教える「決算書」読み方のコツ

企業分析のプロが教える「決算書」読み方のコツ

決算書を読む際のポイントとは? (写真:Getty Images)

決算書を企業分析のツールとして読みこなすうえで、どこに力点を置けばよいのだろうか。

5月30日発売の『週刊東洋経済』6月4日号では「決算書大解剖」を特集。テスラやアップル、ソニー、トヨタなど、国内外の注目企業の決算書を図表で解説することで、決算を読む力を高める。

企業分析のプロフェッショナルであり、『くらべる!決算書図鑑』で監修を務めた立教大学ビジネススクール教授の田中道昭氏に、決算書を読む際のポイントを聞いた。



財務3表は三位一体の視点に対応――決算書を読んで企業分析を行う際、どんな点に留意すればよいでしょうか。

分析の本質は「比較」にある。比較は、競合他社など他企業と比較する「他社比較」と、自社の状況を時系列で比較する「自社比較」の2つに大別される。

そして意義ある分析=比較をするためには、成長性、収益性、安定性の3つの視点で比較する「三位一体」思考が求められる。企業分析とはすなわち企業価値(バリュエーション)分析だが、成長性、収益性、安定性は、企業価値を構成する3大要因でもある。

決算書の財務3表は、この三位一体の視点にそれぞれ対応している。現金の出入りを表すCS(キャッシュフロー〈CF〉計算書)は成長性、収益構造を表すPL(損益計算書)は収益性、事業構造を表すBS(バランスシート=貸借対照表)は安定性を、それぞれ反映したものである。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)