ホンダが発売予告「ZR-V」とはどんな車なのか?

ホンダが発売予告「ZR-V」とはどんな車なのか?

これまでにないデザインで登場した「ZR-V」(写真:本田技研工業)

5月19日、ホンダが「新型SUVデザインストーリー」というサイトを公開した。内容は、新型モデルのデザインができるまでの解説だ。その新型SUVの名前は「ZR-V」だという。一体このZR-V、どのようなクルマなのだろうか?

端的に言えば、コンパクトSUVの「ヴェゼル」とミドルクラスSUV「CR-V」の間を埋めるサイズのSUVだ。いわゆる“Cセグメント”に相当する。ただし、普通のSUVではなく、「まったく新しい価値」を提供するとホンダは言う。

ZR-V/ヴェゼル/HR-Vの名称戦略ここでややこしいのは、その名称だ。日本仕様はZR-Vであり、中国でも同じZR-Vの呼び名が使われるようだ。

しかし、北米では「HR-V」と名乗る。ちなみに北米をはじめ世界市場では、これまで日本のヴェゼルと同じクルマがHR-Vの名称で発売されていた。一方、中国はHR-Vとヴェゼルの両方の名称が使われてもいた。



そんな中で昨年、日本の「ヴェゼル」はフルモデルチェンジで新世代に切り替わる。しかし、この新型ヴェゼルは、北米には未導入。その代わりに、新型SUV(日本名:ZR-V)が新世代の「HR-V」として発売されたのだ。

また、中国でも同じように、日本の新型ヴェゼルは導入されていない。かわりに新型ヴェゼルベースのEV「e:NS1」と、新しいZR-Vが導入される。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)