小林薫×阪本順治「天狗だった30、40代を越えて」

小林薫×阪本順治「天狗だった30、40代を越えて」

写真左より阪本順治監督、俳優の小林薫さん(撮影:梅谷秀司)

『深夜食堂』シリーズや『ナニワ金融道』シリーズなど数多の代表作がある名優、小林薫さんと、吉永小百合さん主演の『北のカナリアたち』など名作を生んできた阪本順治監督。2人は、映画『冬薔薇(ふゆそうび)』で初めて一緒に仕事をしたという。

小林さんは現在70歳。阪本監督は63歳。まずはお二人に、30代と40代当時のご自身を振り返ってもらった。

「いつでも辞められる」と思っていた40代――お二人は30代、40代の頃、どのような姿勢で仕事に取り組んでいましたか。

小林薫(以下、小林):僕は30歳になる直前まで唐十郎氏が主宰する、「状況劇場」に在籍していました。それまで映像の仕事はお声がけいただいて、2〜3本は経験していたかな。劇団を退団以降は「しばらく何もしないで生きていこう」と思っていたのですが、偶然お声がけいただいて、映像の仕事をしようと思ったのが30代です。

40代になると出会いがいろいろと増えていって。今思い出すと当時の気持ちや行動が正しいのかはわかりませんが、「いつでも(俳優業を)辞められる。この仕事しか生きる場所がないと思い込むのは、きついかな」と、考えるようになりました。心のどこかに、「俳優業だけしかやらない」とは思わないようになったというか。

俳優業以外にもっとおもしろいことがあったら、職業を変えてもいいのではないか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)