LGBTQをわかってない人に伝えたい3つの重要点

LGBTQをわかってない人に伝えたい3つの重要点

まずは正しい知識を身に付けることです(写真:takeuchi masato/PIXTA)

企業にとって、LGBTQ(性的少数者・セクシュアルマイノリティー)を意識した経営の重要性が高まっています。従業員や取引先、消費者や株主など、企業を取り巻くステークホルダーの中にLGBTQが存在しうることが明らかになっているためです。

2017年に一般社団法人日本経済団体連合会が実施した調査にも見て取ることができます。同調査で、会員企業の76.4%が「LGBTに関して、何らかの取り組みを既に実施または検討中である」と回答。具体的には、LGBTQに対するハラスメントや差別禁止を社内規定に明記することや、理解を深めるための社内研修、相談窓口の設置など取り組む動きが広がっています。これらの取り組みを対外的に表明する「LGBTフレンドリー企業」も増えています。

そもそもLGBTQとは?LGBTとはレズビアン(Lesbian:女性の同性愛者)、ゲイ(Gay:男性の同性愛者)、バイセクシュアル(Bisexual:両性愛者)、トランスジェンダー(Transgender:身体の性別と自己の認識する性が一致しない人)の頭文字をとったセクシュアルマイノリティーと呼ばれる人々を指す総称です。

拙著『LGBTQの働き方をケアする本』でも詳しく解説していますが、近年は「LGBTQ」や「LGBTQ+」「LGBTQs」「LGBTQIA」など、さまざまな表現が使われるようになっています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)