トヨタのイマイチだった車が抜群に変わった事情

トヨタのイマイチだった車が抜群に変わった事情

トヨタ"増収増益"達成の理由

トヨタのイマイチだった車が抜群に変わった事情

トヨタが続けてきた「もっといいクルマづくり」とは?(写真:Toru Hanai/Bloomberg)

「決算書」は企業の成績表とも呼ばれ、誰もが企業の業績を客観的に判断できる資料だ。5月11日、トヨタは2022年3月期の決算を発表した。その実績はと言うと「増収増益」、つまり「売り上げ」と「利益」が共に増えている状態だ。では、どれくらい増えたのか?

●営業収益 31兆3795億円
(前年同期比 +4兆1649億円)
●営業利益 2兆9956億円
(前年同期比 +7979億円)
●税引前利益 3兆9905億円
(前年同期比 +1兆581億円)
●純利益 2兆8501億円
(前年同期比 +6048億円)

ハッキリ言って、驚異的である。2022年3月期はコロナ禍、資材・物流費の高騰、そして半導体不足と、自動車業界にとってハードルばかりだったが、なぜこのような業績が残せたのか?

その答えの1つに2009年から続けてきた「収益構造の変化」がある。

損益分岐ラインが大きく下がっているちなみにリーマンショック後の2009年3月期の販売台数は前年比15%減、業績はご存じのとおり大幅減益で戦後初の赤字……。その13年後、コロナ発生後の2021年3月期の販売台数は同じく前年比15%減、しかし業績はと言うと減益ながらも黒字は確保された。

この差は何なのか? それは損益分岐台数(収支が均衡する販売台数)の変化で、リーマンショックのときと比べると、200万台以上下がっている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)