超簡単!毎朝5分で「お宝銘柄」見つける3ポイント

超簡単!毎朝5分で「お宝銘柄」見つける3ポイント

中長期で成長が見込める株を3900社から見つける方法とは? 個人投資家・森口亮さんが解説します(画像:atakan/getty)

個別株投資において、数多くある企業から将来性のある株を探すのが重要ですが、一方で、本命銘柄の絞り込みは難しいもの。そんななか、個人投資家・森口亮さんは『会社四季報』を用いた独自の分析方法を提案します。

話題の書籍『1日5分の分析から月13万円を稼ぐExcel株投資 超効率的な「ファンダメンタル分析」入門』から一部抜粋してお届けします。

株式投資で大切なのは、非常にたくさんの情報を整理し、「この株が本命」という銘柄を絞り込んで、その銘柄の値動きを日々チェックすることです。

中でも一番、大切なのは本命銘柄の絞り込みです。

本命銘柄を5〜10銘柄に絞ることによって、毎朝たった5分の分析でも成果をあげやすくなります。

派手な値動きや他人の意見に惑(まどわ)されず、本命銘柄に狙いを定め、その銘柄が自分の予想通りに動きだすまで、虎視眈々と我慢して待つことも大切です。

そのためには、まず本命銘柄の予備軍となる「ウォッチ銘柄」を見つける必要があります。

『会社四季報』はお宝銘柄予備軍の宝庫ウォッチ銘柄の探し方は、SNSやTwitterなど自分にあったやり方でOKですが、私のおすすめは『会社四季報』。

『会社四季報』は東洋経済新報社が全上場企業3900社近くの最新の業績や財務データをまとめたデータブックです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)