ECBの緊急会合、欧州の定番的な危機再燃への焦り

ECBの緊急会合、欧州の定番的な危機再燃への焦り

ECBが6月9日の定例会合から間もない15日に緊急会合を開いた理由とは(写真:Bloomberg)

6月15日、金融市場の目はアメリカのFOMC(連邦公開市場委員会)における0.75%の利上げ決定に注がれたが、その直前にECB(欧州中央銀行)が緊急の政策理事会を開催するという動きがあった。喧騒の中で起きた出来事ゆえ、「あれは何だったのか」という照会を今になって多くいただくので、簡単に整理しておきたい。

6月15日、ECBは急遽『Statement after the ad hoc meeting of the ECB Governing Council』と緊急政策理事会の声明を発表した。議題は「域内の市場分断化(market fragmentation)」。これは、ECBが危機のたびに抱える定番の論点である。

昨年12月に正常化プロセスへ動き始めて以降、ECBは繰り返し市場分断化に対し柔軟な措置を取る意思を表示しており、6月9日の定例会合でもそうだった。そのため今回の動きは従前の情報発信と一応整合的ではある。だが、1週間前に定例の政策理事会を開催していることを踏まえると、場当たり的な政策運営という印象も与えてしまう。

ユーロ圏の抱える「市場分断化」リスク「市場分断化」というフレーズに馴染みの薄い読者もいると思われるので、簡単に解説したい。

このフレーズはECBが歴史的に多用してきたものだ。ユーロ圏の加盟国ごとに金融市場の状況が異なるのは常態だが、特に危機時は南欧などの脆弱性がクローズアップされやすくなり、その国債利回りが跳ねやすくなる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)