日本人が英会話苦手なのは「意訳」できてないから

日本人が英会話苦手なのは「意訳」できてないから

英会話が上達する方法を解説します(写真:takeuchi masato/PIXTA)

英会話ができないと悩む日本人は少なくないですが、英会話のいちばん大変な壁について、通訳者・翻訳家の牧野智一氏は、「英単語でも英文法でもなく、『意訳』」と指摘します。『一度読んだら絶対に忘れない英会話の教科書』を上梓した牧野氏が、その理由と克服方法について解説します。

「英会話ができない!」とお悩みの日本人は非常に多いですね。日本人は中学生から英語を勉強していて、高校でも大学でも英語の勉強をすると仮定すると、英語を10年以上勉強している人がほとんどです。最近では小学生から英語を勉強しますから、今はそれよりももっと早い時期からスタートしています。

それにもかかわらず、英会話ができる人はとても少なく、英語能力指数ランキングである「EF EPI英語能力指数第2020年版」によると、日本は112カ国中78位と、かなり低い位置にいます。

アジアを見ても、シンガポール4位、フィリピン18位、マレーシア28位、韓国37位、中国49位、ベトナム66位なので、日本の英語力の低さは際立っています。日本は、英会話が苦手な人が多い国なのです。

英単語や英文法ができないから英会話ができない?では、なぜ英会話ができないのでしょうか。多くの「英会話ができない」と嘆いている人に「なぜあなたは英会話が苦手なの?」と聞くとこんな回答が返ってきます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)