出井伸之が84年で形作った「華麗なる人脈」の凄み

出井伸之が84年で形作った「華麗なる人脈」の凄み

昨年3月のインタビューでは眼光鋭く迫力のある姿に同席した編集者も圧倒されていた(撮影:尾形文繁)

ソニー(現ソニーグループ)の社長や会長を務めた出井伸之氏が6月2日に84歳で亡くなり、新聞、テレビをはじめとするほとんどのメディアで報道された。

創業者ではなくサラリーマン経営者(専門経営者)にもかかわらず、これほど大々的に取り上げられた経営者もめずらしい。既出の出井氏死去に関するメディア情報のほとんどは、発信者がジャーナリスト、大学教授、元社員の誰であろうが、出井氏の経営者としての功罪について紹介、解説する内容だった。そこで本稿では、出井氏がフランス通であったこともあり、ギ・ド・モーパッサンの長編小説『女の一生』にあやかり、出井伸之氏という「男(サラリーマン)の一生」を敢えて属人的な視点から振り返ってみたい。

筆者は、昨年(2021年)3月2日に、出井氏が69歳にして創業したクオンタムリープで、出井氏に単独インタビューした。その内容は「東洋経済オンライン」に掲載してある。(出井伸之「日本はアジアの真価をわかってない」2021年3月19日配信)

「僕はいつも未来しか見ていませんから」このインタビューで、出井氏は開口一番、「83歳になってしまいましたよ」と照れながらも、そのダンディーな出で立ち、論理的で強い語り口は、私が初めて会った約30年前とほとんど変わらなかった。分かれ際、エレベーターまで送ってくれた出井氏に、「いつまでもお元気で」と挨拶した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)