アマゾンが人事で「変わり者」を推奨する納得理由

アマゾンが人事で「変わり者」を推奨する納得理由

アマゾンが社員に「変わり者」になることを奨励する理由とは?(写真:LustreArt/PIXTA)

1995年に創業し、時価総額世界一にもなった巨大企業アマゾン。特筆すべきは、同社は今も驚異の成長を続けていることだが、その原動力は画期的なサービスや技術力ではなく、ジェフ・ベゾスたちが試行錯誤の末にたどり着いた人事制度である。優秀な人材を雇い入れ、最大限にパフォーマンスを発揮させることで、持続的な成長を可能にしている。その人事制度ができあがっていくのをアマゾン内部で体験した佐藤将之氏の新著『amazonのすごい人事戦略:最強組織の採用・育成・評価』から、アマゾンが社員に「変わり者」になることを奨励している、その納得の理由を紹介する。

いちばんよく使われる口癖「Think Big」アマゾンにはOLP(Our Leadership Prinsiples)という14項目からなるリーダーシップ理念があります。「Learn and Curious(学び、そして興味を持つ)」「Dive Deep(より深く考える)」「Insist on the Highest Standards(つねに高い目標を掲げる)」など、これらはアマゾニアン(アマゾンの社員)たちが口癖のようにしている言葉です。リーダーシップ理念とは、経営者や管理職の理念というわけではなく、アマゾニアン全員がリーダーシップを持って働くための行動指針なのです。

そのOLPの中でも「Think Big(広い視野で考える)」は、いちばんよく使われるかもしれません。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)