コロナ療養中の英国看護師が訴える「憤りと不安」

コロナ療養中の英国看護師が訴える「憤りと不安」

コロナと共存を打ち出したイギリス。医療現場で働く看護師が政策の方針転換に異論を唱えます(写真:Bongkarn Thanyakij/PIXTA)

2022年の幕開けから、ジョンソン首相は新型コロナに関する規制を次々と緩和し、2月には「コロナと共に生きる」と新しい計画を発表して、コロナ対策の法的規制が廃止された。

果たしてイギリスは計画通りにコロナと共存できるのだろうか? また、コロナとの共存の狭間から見える「イギリスが抱える闇」とは何か? イギリス正看護師、フリーランス医療通訳のピネガー由紀さんが報告する。

2022年1月、ジョンソン首相はコロナ陽性患者の自主隔離期間をそれまでの最短7日間から5日間に減らす指針を打ち出した。これは職場でコロナ関連による職員の欠勤で生じる、慢性的な人手不足を解消するのが目的だった。確かに、筆者の勤務先の病院も、通常業務に支障が出るほど深刻な職員不足を経験をした。

このほかにも、1月には在宅勤務の推奨がなくなって職場への出勤が国民に促され、校内や公共の場でのマスク着用義務が撤廃された。スーパーや公共交通機関などではたちまちマスクを外した人であふれかえった。

感染者の自主隔離の法的規制がなくなった2月1日のイギリスの新規コロナ感染者数は11300人を記録していたため、規制緩和に不安を覚える声も上がったが、そんなことで怯むジョンソン首相ではない。21日には、冒頭のようにコロナとの共存計画が打ち出され、24日にはすべてのコロナ感染対策が規制撤廃となった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)