ジェイコムが宿敵の動画サービスと手を組む事情

ジェイコムが宿敵の動画サービスと手を組む事情

ライバルといえるケーブルテレビと動画配信が提携。背景にはケーブルテレビ側の「開き直り」がある(撮影:梅谷秀司)

水と油の関係に見える動画配信とケーブルテレビが、またもや手を結んだ――。

2022年3月に発表されたのがケーブルテレビ大手・J:COM(ジェイコム)とウォルト・ディズニー・ジャパンのパートナーシップ拡大だ。ジェイコム加入者が動画配信サービス「ディズニープラス」に加入する際、その月額費の支払いをジェイコムに一本化できるなどの取り組みを実施する。

これまでジェイコムとディズニーは、ケーブルテレビにおけるディズニー作品の展開で関係を築いてきたものの、動画配信サービスに関する連携は初めてだ。今回の契約に関する詳細は非開示だが、ジェイコム経由で契約したユーザーの一部会費をレベニューシェアしていると見られる。

ジェイコムはすでに、大手動画配信サービス・ネットフリックスとも提携を結んでおり、同社にとっては2社目の動画配信サービスのパートナーになる。さらに、ネットフリックスとはケーブルテレビとセットになったプランも販売しており、今後ディズニープラスともそういった取り組みが想定される。

ジェイコムならではの「開き直り」ジェイコムの主力サービスであるケーブルテレビと動画配信サービスは、ともに映画やドラマ、アニメの放送・配信を行っており、潜在的には競合関係に当たる。さらに、アメリカでは、ネットフリックスの台頭によりケーブルテレビの契約が解除され、「コード・カッティング(動画配信へ乗り換えることの意)」という言葉まで誕生した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)