サクラ/eKクロスEVは軽BEV普及の起爆力になるか

サクラ/eKクロスEVは軽BEV普及の起爆力になるか

20kWhバッテリー搭載により航続距離180kmと表示される日産「サクラ」(車種:日産自動車)

2022年5月20日、日産から「サクラ」、三菱から「eKクロスEV」が発表された。それぞれ、日産「デイズ」、三菱「eKクロス」をベースとした、軽自動車BEV(電気自動車)だ。

今回は、サクラ/eKクロスEV発売を受け、軽自動車BEVは普及するのかを次の4つの観点から分析していきたい。

(1)車両本体価格
(2)ボディタイプ
(3)航続距離
(4)諸課題

分析に使用するデータは、市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める自動車に関する調査「Car-kit?」。加えてインテージが行った自主調査の結果も紹介する。

軽自動車も200万円の時代に車両本体価格は、サクラ:239万9100円〜294万300円、eKクロスEV:239万8000円〜293万2600円と発表された。

国からの55万円の補助金(令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」、令和4年度「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」)の対象であるため、ベースグレードであれば180万円台から購入可能である。上級グレードのサクラ「G」、eKクロスEV「P」でも、55万円の補助金を考慮すれば240万円程度だ。



さらに、自治体によっては追加の補助金がある。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)