「食の違い」でわかる「日本と韓国」決定的な差3つ

「食の違い」でわかる「日本と韓国」決定的な差3つ

日本と韓国の違いを「食」という視点から考えてみませんか(写真:Fast&Slow/PIXTA)

個人では仲がいいのに、国同士になるとなぜ揉め続けるのか? 韓国で新政権が誕生した今、両国関係はどう変わっていくのか? いったい何を理解すれば、日韓の揉め事が解決するのか? 
これに答えるのが、『最強の働き方」『一流の育て方』などのベストセラーでもよく知られる、在日コリアンのひとりであるムーギー・キム氏。京都に生まれ、日韓両国の文化の中で育ち、世界中で学び働きながらも、物心がついたときから40年にわたり、日韓関係について考えてきた。
日本と韓国、双方の視点や互いの誤解、それぞれの価値観をまとめた新著『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。: 文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』が発売された。著者が「人生を通じて最も書きたかった1冊」だという。
本記事では、そのムーギー氏が「『食の違い』でわかる『日本と韓国』決定的な3つの差」について解説する。

40年間、日本と韓国の間で考え続けてきた皆様はじめまして、覚えてくださっている方は、お久しぶりです。今まで長らく、メディア活動から遠ざかっていましたが、それは仕事に加え博士課程まで始まり、おまけに子どもも2人生まれて、奥さんの尻にしかれて「東アジアイチのイクメン」をめざして育児に奮闘してきたからです。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)