「想像以上に凄い!」アマゾンのリーダー育成研修

「想像以上に凄い!」アマゾンのリーダー育成研修

アマゾンの幹部候補生たちを育てるLeader of Leadersという研修。そこで体験できることとは……? (写真:ufabizphoto/PIXTA)

1995年に創業し、時価総額世界一にもなった巨大企業アマゾン。特筆すべきは、同社は今も驚異の成長を続けていることだが、その原動力は画期的なサービスや技術力ではなく、ジェフ・ベゾスフたちが試行錯誤の末にたどり着いた人事制度である。優秀な人材を雇い入れ、最大限にパフォーマンスを発揮させることで、持続的な成長を可能にしている。その人事制度ができあがっていくのをアマゾン内部で体験した佐藤将之氏の新著『amazonのすごい人事戦略』から、アマゾンのリーダー研修の様子を紹介する。

世界各国からリーダーたちがシアトルに集結アマゾンには幹部候補生たちを育てるLeader of Leadersという研修があります。

この研修を受けるのは、その名のとおり、リーダーを引っ張っていくリーダーになるような人たち。たとえば大きな事業部の責任者であったり、大きなビジネスユニットのリーダーだったりする人たちです。アマゾンのジョブレベルで言うと、ディレクターやシニアマネジャーと言われるレベル8、レベル7の人たちが、このLeader of Leadersに選ばれて研修を受けることになります。

Leader of Leadersが初めて行われたのは、たしか2009年か2010年だったと記憶しています。最初に研修を受けるのは優秀な人たちでないと効果がわからないので、全世界から非常に優秀な人だけが呼ばれました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)