「発売から11年経っても超人気」ゲームの驚く中身

「発売から11年経っても超人気」ゲームの驚く中身

『The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)』が人気の理由とは(画像は任天堂公式サイトより)

「テレビゲーム」は子どもがやるものと思われがちですが、書籍や映画ともまた違う独自のシリアスな、あるいはユニークな作品が多数あります。その魅力は奥深く、大人の趣味として楽しめるほどに成熟しているといっても過言ではありません。

そこで、この連載では、ゲームの評論やコラムを10年以上書き続けているゲームライター、いわばゲームを遊ぶプロである渡邉卓也氏が、ゲーマーからは人気でも一般的にはあまり知られていないであろう著名な作品や傑作を紹介します。

第12回は、オープンワールドRPGとしての定番かつ決定的な傑作『The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)』を取り上げます。

著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます(この連載は月2回、原則隔週土曜日に配信予定です)。

この連載の記事一覧はこちら

昨今は「オープンワールド」というゲームの要素が流行しています。これは広大なフィールドを自由に冒険できるように作られたゲームだと捉えてもらって問題ありません(きちんとした定義もあるのですが、ややこしい話になるので割愛します)。

そして、オープンワールドRPGの傑作といえば真っ先に名前が出てくるのが、今回紹介する『The Elder Scrolls V: Skyrim(略称:スカイリム)』でしょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)