「AかつB」のほうが低確率なのにありえると思う訳

「AかつB」のほうが低確率なのにありえると思う訳

AかBかではなく「AもBも」という両方の条件が必要なのに、そっちのシナリオのほうが説得力を持ってしまう理由とは?(写真:metamorworks/PIXTA)

陰謀論やフェイクニュースを信じ、党派的な議論や認知バイアスに陥って、結論を誤る原因とは? ハーバード大学の人気講義が教える、理性の働かせ方を解説した『人はどこまで合理的か』より一部抜粋、再構成してお届けします。

8つの事象がそれぞれ今後10年内に起こる確率は?予測事業は今や一大ビジネスに成長している。予測は政策、投資、リスク管理、あるいは純粋な好奇心のために、この先、何が待ち構えているかを教えてくれるのだから当然のことだろう。

ではここで、次に挙げる8つの事象について、それぞれが今後10年以内に現実となる可能性について、あなたの予測を次の確率のなかから選んでほしい(可能性の低いものが多いので、確率の低いほうを細かく刻んである)。0.01パーセント未満、0.1パーセント、0.5パーセント、1パーセント、2パーセント、5パーセント、10パーセント、25パーセント、50パーセント以上。

1 サウジアラビアが核兵器を開発する。

2 ベネズエラのニコラス・マドゥロが大統領を辞任する。

3 ロシアに女性大統領が誕生する。

4 新型コロナウイルスよりも感染力の強いウイルスによって、世界は新たなパンデミックに襲われる。

5 ロシアのウラジーミル・プーチンは、憲法上次期大統領選に出馬できないため、プーチン夫人が代わりに出馬し、夫が脇から国を動かせるようにする。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)