沖縄の彼女が波風立てても世に伝えたいこと

沖縄の彼女が波風立てても世に伝えたいこと

「青い海の楽園」の裏側で刻まれてきた沖縄の悲哀は、いつまで続くのだろう(写真:たっきー/PIXTA)

いま沖縄では、若い世代の動向に注目が集まっている。米軍基地に翻弄される苦難を味わってきた戦後世代とは別に、生まれたときから基地と共存してきた世代ゆえの葛藤を抱えた若者たち。辺野古新基地建設の是非を問う県民投票にこぎ着けた彼らの胸中を追いながら、苦悩する沖縄のいまを探る短期連載。

優しさで溢れるこの島で

誰も望んでないのに

どうして外からやってきたものによって

対立させられなきゃいけないんだろう。

沖縄県・名護市辺野古(へのこ)の米軍基地建設現場に土砂が投入された2日後の昨年12月16日の夜にFacebookにアップされたこの投稿は、沖縄の女子大生がつづったものだ。

とがったフレーズは使われていない。優しい言葉で紡ぐ30行ほどの散文のなかに、いまの沖縄の若者の葛藤が凝縮されている。

生まれたときから基地があり、しがらみによって分断されてきた沖縄を見て育ってきた世代の逡巡と苦悩だ。

その投稿の主と会ったのは、辺野古に土砂が投入されて1週間ほど経った12月21日だ。名護市内のハンバーガーチェーン店に現れた大学4年生の新垣優奈さん(23歳、仮名)は、やや緊張しながらも背筋を伸ばして、言葉を選びながら話し始めた。

昨年12月14日、辺野古の海への土砂投入が強行されたとき、彼女は大学で授業を受けていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)