超難関の国家試験「W合格者」が教える最強勉強法

超難関の国家試験「W合格者」が教える最強勉強法

司法試験と公認会計士試験、W合格の筆者が勉強のコツを教えます(写真:ダイ /PIXTA)

新型コロナウイルスの感染拡大により、景気が後退。今後の雇用やキャリアに不安を感じて、仕事に役立つ資格取得を目指す人が増えました。しかし、昔より記憶力が低下していたり、そもそも勉強の仕方がわからなかったり、大人になってからの勉強はなかなか難しいもの。ブログ「弁護士公認会計士jijiたんの勉強方法ラボ」で人気を集める平木太生さんの『図解でわかる 試験勉強のすごいコツ』の一部を抜粋・再編集し、資格試験の勉強のコツをご紹介します。

勉強は、どうしても孤独な作業になります。ただ何となく授業を受け、ただ何となく復習をして、ただ何となくテストを受け、試験本番を迎えてしまうと、「何となく」の点数しか取れません。やみくもに勉強しても、それは今まで、どのような道を歩いてきたかを残さないで山登りをしているようなもので、どうしても勉強の成果、つまり自分の成長を実感できません。

勉強の成果を「見える化(可視化)」することによって、モチベを維持することができます。具体的に何を見える化するかというと、色々あります。

まずは勉強時間です。自分が「今日、何時間勉強したか?」という記録を付けることで、自分がどれほど勉強できたのかを把握することができます。勉強時間の見える化には、Studyplusなどのアプリが有効です。また、テストの結果も見える化しましょう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)