才能がある人ばかりで固めた大企業の哀れな末路

才能がある人ばかりで固めた大企業の哀れな末路

エース社員を部署異動させてはいけない本当の理由とは?(写真:metamorworks/PIXTA)

「自分には語学の才能がないから」「ウチの子は数学向きの頭をしていない」「スポーツにはそもそも向いていない」……などと言って、自分や他人の可能性を諦めてしまった経験はないでしょうか。

イギリスの人気ジャーナリストにして、世界的ベストセラー『失敗の科学』『多様性の科学』の著者マシュー・サイドは、それら「人の能力は生まれつき決まっている」論を真っ向から否定。彼の原点となる著作『才能の科学』において、スポーツ・ビジネス・学問・芸術などあらゆる分野を横断しながら、「人と組織の可能性を解放し、飛躍的に成長させる方法」を科学的に示しています。

「才能がない」と諦める前に知っておきたい、「成長する人と組織の共通法則」とは? 同書より一部抜粋、再構成して5回連載でお届けします。

「エンロン事件」を招いた2つの原因2006年10月23日、ジェフリー・スキリングはヒューストンの連邦裁判所の被告席で、エンロンの破綻――近代史においてもっとも絶望的な企業破綻の1つ――で自分が果たした役割についての判決を待っていた。ダークスーツとネクタイを着こなした元CEOは、獄中での生活を予期して険しい表情を浮かべていた。傍らには弁護団が落ちつかない様子で座っていた。

通りのはじから曲がり角のあたりまで、テレビキャスターたちがマイクとイヤフォンをつけて待ち受けていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)