新大久保で「ガチ中華」が存在感を高めているワケ

新大久保で「ガチ中華」が存在感を高めているワケ

コリアンタウンとして名高い新大久保では、中国料理を楽しむこともできる(写真:筆者撮影)

コスメやアイドルのグッズショップが軒を連ねる、新大久保駅から大久保通り沿いのコリアンタウンエリア。週末になると若い女性を中心に多くの人々で賑わっている。

通りにあるレストランや露店に目を向けると、チーズハットグや、サムギョプサル、チキンなど、韓国ドラマで注目を集め、日本でもブームとなった食べ物が並んでいる。

そんな新大久保の街中で時折見かけるのが、中国語と韓国語が併記されている店だ。

北朝鮮と接する中国の吉林省には、少数民族である朝鮮族が多く暮らしている。中国語と韓国語を両方表記している店の多くは、朝鮮族が経営する店だ。

これらのお店では、羊肉串(羊肉の串焼き)、鍋包肉(酢豚)などの本格的な中国料理に加え、冷麺やスンデ(豚の腸詰め)などの朝鮮半島の料理も提供している。



中でも羊肉串は韓国ではやったことで、日本人の若者の間でも認知度を高めつつある。

羊肉串はKPOPアイドルの発言で注目される

羊肉串を出す店は、中国全土で見られる。とくに多いのが吉林省など中国東北部や、新疆ウイグル自治区だ。では、韓国ではどう広まっていったのか。

元々は吉林省に住む朝鮮族が、出稼ぎで韓国に渡って羊肉串の店を開き、現地に住む朝鮮族向けに営業していた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)