「おっさんを愛でるドラマ」が人気を博す事情

「おっさんを愛でるドラマ」が人気を博す事情

"おっさん愛でる"ドラマ人気

「おっさんを愛でるドラマ」が人気を博す事情

なぜ「おっさんが主役のドラマ」が急増しているのか?(写真:左右ともにテレビ東京、左:木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」 テレビ東京にて毎週木曜深夜1時から放送中 ?渋谷直角/宝島社 ?「デザイナー 渋井直人の休日」製作委員会、右:ドラマパラビ「さすらい温泉 遠藤憲一」 テレビ東京にて毎週水曜深夜1時35分から放送中 ?「さすらい温泉 遠藤憲一」製作委員会)

テレビドラマ界で、おっさんが大ブームである。この冬のラインナップをみると、まあ、見事におっさんだらけ。定番の刑事モノや2時間ドラマではおっさん主演が当たり前だが、そうでない枠でもおっさんがメイン、あるいはぎっしりてんこもりだ。主要作品をかいつまんで紹介しておく。

まず「メゾン・ド・ポリス」(TBS)。主演は高畑充希だが、警察をリタイアしたおっさんたち(西島秀俊、野口五郎、角野卓造、小日向文世、近藤正臣)のシェアハウスが舞台。つまり、おっさんの“詰め合わせ”である。

一方、昨年の「おっさんずラブ」のヒットで味をしめたのか、テレ朝は強気でタイトルそのまんまの直球勝負。「私のおじさん〜WATAOJI〜」である。主人公の新米AD(岡田結実)にまとわりつく謎の妖精が、なぜかスーツ姿のおっさん(遠藤憲一)という設定だ。

また、2017年の「バイプレイヤーズ」で名脇役俳優のおっさんたちにスポットライトを当てたテレ東は、そもそもおっさん推しの制作スタイル。そんなテレ東が満を持して送り込んできたのが、光石研の主演作「デザイナー 渋井直人の休日」だ。おしゃれなおっさんが己の欲と自意識とひそかに闘うさまをポップに描く。また、遠藤憲一主演「さすらい温泉 遠藤憲一」や、売れない歌手を高橋和也が演じる「日本ボロ宿紀行」もある。

さらに、テレビ大阪(BSテレ東でも放送)では、南極観測隊のおっさんたちの過酷な日常を描く「面白南極料理人」を放送。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)