あらびき団が「ゴールデンに向かない」納得理由

あらびき団が「ゴールデンに向かない」納得理由

番組初となる2夜連続で放送(?TBS)

『あらびき団』(TBS系)がゴールデンから深夜帯に戻ってきた。8月2日、3日に2夜連続で放送された今回は、総勢31組の中から、1夜目と2夜目で王者を2組決定する「真夏の最強パフォーマー決定戦」を開催。見事優勝に輝いたのは、若手コンビ・スパイシーガーリック(1夜目)と地下芸人・スルメ(2夜目)だった。

『あらびき団』は、粗削りでユニークな芸風を持つ芸人たちが、短い時間でコントや一発芸など、さまざまなパフォーマンスを披露し、番組MCの東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が突っ込みを入れていくネタ番組だ。2007〜2011年まで深夜帯でレギュラー放送されており、現在は不定期でスペシャル番組として放送されている。

深夜番組の印象が強い『あらびき団』だが、今年2月には番組初となるゴールデンスペシャルも放送された。そこには、かつて番組に出演していたかまいたち、マヂカルラブリー、シソンヌに加え、2021年のM-1王者の錦鯉といった豪華なメンバーが揃った。しかし今回の2夜連続では、レギュラー時のようにお茶の間での知名度が高い芸人はあまり登場せず、番組が持つポテンシャルを改めて発揮したと言える。

そもそも『あらびき団』には、東野幸治と藤井隆が結成した架空のサーカス団というコンセプトがある。粗削りな一芸を持つパフォーマーたちを募り、新たな団員を発掘すべく、オーディションを実施するという設定こそが番組の醍醐味なのだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)