3つの家族の選択の過ちが生む家庭の不和と再生

3つの家族の選択の過ちが生む家庭の不和と再生

『3つの鍵』は、同じアパートに住む3つの家族に起きたさまざまな出来事を描いている(東洋経済オンライン読者向けプレミアム試写会への応募はこちら)? 2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

ローマの高級住宅街の同じアパートに住む3つの家族。彼らが内包していた責任感や罪の意識、そしてそこからもたらされた選択が、やがて予想もしなかった家族の不和を引き起こし、彼ら自身を次第に追い詰めていく――。

2001年の『息子の部屋』でカンヌ国際映画祭の最高賞にあたるパルムドールの受賞をはじめ、世界三大映画祭(カンヌ、ヴェネツィア、ベルリン)の受賞歴を誇るイタリア映画界の巨匠ナンニ・モレッティ監督の最新作『3つの鍵』が9月16日より全国順次公開となる。

本作の舞台はイタリア・ローマの高級住宅街の中にある1軒のアパート。ここに住む住民たちは、顔見知り程度の隣人たちのことを、よく知らずに日々を過ごしていた。

だがある夜、1台の車が建物に衝突する暴走事故が起こり、そこに巻き込まれたひとりの女性が亡くなってしまう。そしてこの痛ましい事故をきっかけに3つの家族がそれぞれに孤独を深めていくようになる。

事故を起こした車を運転していたのは、3階に住む裁判官のヴィットリオとドーラ夫妻の息子アンドレアだった。ところが、あれだけの事故を起こしておきながらも、息子に反省の色は感じられない。妻のドーラは選択を迫られる。夫を選ぶのか、息子を選ぶのか――。

日常に潜む小さなゆがみが家族の心を惑わせる事故当時、2階に住んでいたモニカには陣痛がはじまり、たった1人で病院に向かっていた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)