日経平均は8月が「戻りの限界」になる懸念がある

日経平均は8月が「戻りの限界」になる懸念がある

日経平均"戻りの限界"に懸念

日経平均は8月が「戻りの限界」になる懸念がある

アメリカ株は6月の中旬以降、急激に上昇した。だが「夏の株高」もそろそろ終了かもしれない(写真:ブルームバーグ)

私は前回の記事「『日経平均年末3万円回復』への3つの重要ポイント」(7月22日配信)の中で、「短期のリスクシナリオとして、日経平均株価が目先2万8000円前後でいったん天井を打つ可能性がある」と申し上げた。

日経平均はようやく重要な節目を突破した経緯を含む結果はどうだったか、日経平均株価で振り返ってみよう。8月10日までは2万8000円前後でいったん天井を打ったようにみえた。だが、想定した急落はなかった。8月12日からは再度上昇に転じてきた。主な理由は下記の(1)〜(3)のとおりだ。

(1)前回配信した7月22日の終値は2万7914円だった。その後、8月4日までは2万8000円の壁を9営業日超えることはできなかった。この間の下値は8月2日の2万7594円、上値が8月1日の2万7993円となった。「上値2万8000円前後、下値2万6000円前後」という今年のボックス相場の上限付近で勢いが止まり、予想どおり、いったんは短期で天井を打ったように見えた。

(2)その後、8月5日の2万8175円と8月8日の2万8249円で2日間だけ2万8000円を超えた。だが、前回記事でもお伝えしたとおり、重視していた年初からの戻り高値である2万8252円(3月29日)にあと一歩のところで下落に転じてしまった。このため、この時点では「明確な強気サイン」は、なお点灯しなかった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)