東大生がやった習い事1位の水泳のメリットとは

東大生がやった習い事1位の水泳のメリットとは

水泳は体力をつけると同時に学力向上にも効果がある(写真:Fast&Slow/PIXTA)

子どもを持つ親にとって、「子どもの習い事」は大きな関心事のひとつ。できれば将来に役立つ習い事をさせてあげたいと考えるなら、「水泳」が最適だと言うのは、水泳教育者の菅原優氏だ。東大生の多くが習っていたという調査もある水泳は、どのような点が優れていて、どのように子どもの発達につながるのか。最新の研究データを交えて解説してもらう。※本稿は菅原氏の著書『子どもに必要な能力はすべて水泳で身につく』より一部抜粋・編集してお届けします。

水泳経験のある東大生の割合は一般の2倍東大生が、小学生のときに通っていた習い事ナンバー1が「水泳」だったというリサーチがあります。学生174人(文系・理系半々)への調査でその割合は驚きの60%ということでした(出典:『プレジデントムック 塾 習い事選び大百科2017完全保存版』)。

学力向上に直結しそうな塾より、スイミングスクールに通った子どものほうが、東大生では多数を占めているのです。

東大生に限らず、小学生全体の習い事でも「水泳」はトップでした。ただ、その割合は東大生の約半分。この差から「水泳には、東大合格を可能にする力を育てる」特性があるとも考えられそうです。

『プレジデントムック 塾 習い事選び大百科2017完全保存版』によると、東大生はインタビューで、水泳によって次のようなことが身についたと回答しています。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)