奇跡を起こす人が一瞬のひらめきに頼ってない訳

奇跡を起こす人が一瞬のひらめきに頼ってない訳

創造的イノベーションが生まれるには一貫したパターンがある(写真:mits/PIXTA)

「自分には語学の才能がないから」「ウチの子は数学向きの頭をしていない」「スポーツにはそもそも向いていない」……などと言って、自分や他人の可能性を諦めてしまった経験はないでしょうか。

イギリスの人気ジャーナリストにして、世界的ベストセラー『失敗の科学』『多様性の科学』の著者マシュー・サイドは、それら「人の能力は生まれつき決まっている」論を真っ向から否定。彼の原点となる著作『才能の科学』において、スポーツ・ビジネス・学問・芸術などあらゆる分野を横断しながら、「人と組織の可能性を解放し、飛躍的に成長させる方法」を科学的に示しています。

「才能がない」と諦める前に知っておきたい、「成長する人と組織の共通法則」とは? 同書より一部抜粋、再構成してお届けします。

人間のわざが限界をむかえるには何百年もかかる人間のわざはやがて必ず自然のなり行きをたどるとよく言われる。つまり遅かれ早かれ、可能性の天井に誰しも頭をぶつけることになるのだ。数学??物理学や解剖学はいうまでもない??の基本原則から見て、走る速度を永久に上げ続けることはできない。100メートル走の記録が毎年10分の1秒ずつ速くなり続けたとしたら、やがてはスタートを告げる銃が鳴る前にゴールのテープを切るはめになってしまう。

だが、この分析はごく単純な作業については真実かもしれないが、複雑性を特徴とする活動についてはどう考えても当てはまらない。複雑な作業では、人間のわざが揺るぎない限界らしきものにぶち当たるには、まだ何世紀も、ひょっとしたら何千年もかかる。

それは特別な不変の目的を持った、意欲的なチャンピオンたちによる「目的性訓練」がつねにつくりこまれ、改善されているためだけではない。技術と利用のパラダイムシフト??まったく予期せぬイノベーション??とでも言うべきもののせいでもある。

続きは 東洋経済オンライン で

1

関連記事(外部サイト)