ザッカーバーグでも話題「メタバース建築」の課題

ザッカーバーグでも話題「メタバース建築」の課題

左・フランスとスペインでメタバースサービスをローンチしたことを伝える投稿。右・解像度はもっと高いということをアピールする投稿(画像:マーク・ザッカーバーグのFacebook投稿をキャプチャー)

8月16日、Metaのマーク・ザッカーバーグのFacebook投稿が話題となった。

「今日フランスとスペインでHorizon Worldsを開始します!」

Horizon Worldsとは、2021年の1年間に100億ドル(約1兆4400億円)を投資して公開されたザッカーバーグ肝いりのメタバース。仮想空間内で他のユーザーとアバター姿で会って話し、肩を並べてスポーツの試合や音楽ライブが見られるソーシャルVRサービスだ。テキストベースのFacebookやTwitter、写真ベースのInstagram、動画ベースのTikTokの次世代を担うSNSとして注目されている。

高解像なアバターの姿を公開しかし多くの資金を投入しながらもその見栄えは拙いもの。うっすらと笑みをたたえたザッカーバーグのアバターの後ろにエッフェル塔とサグラダ・ファミリアらしき建物がぽつんと置かれているだけ。3D CGを習いたての練習作品といえるかのようなビジュアルに、世界中の人々が失笑した。100億ドルをかけて作られてきたメタバースがこのクオリティなのか、と。

そういった声にザッカーバーグは対応。「Horizonのグラフィックはもっとハイクオリティです」といったコメントと共に、クオリティの高い石造りのテラスと、高解像なアバターの姿を公開した。

Horizon Worldsはレゴブロックやマインクラフトのように、誰もが手軽に自分の部屋や家、街などの空間を作るクラフト機能を備えている。8月16日にザッカーバーグが投稿した3D CGモデルを置いただけの画像は、工夫がなくあまりにもシンプルな見栄えから、そのクラフト機能の存在をアピールしたものだと考えられる(もしかしたらザッカーバーグ本人の習作だったのかもしれない)が、SNSの悪ノリも相って悪目立ちしてしまった。

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)