休職したのに「うつがよくならない」納得の理由

休職したのに「うつがよくならない」納得の理由

うつと診断され、休職したにもかかわらず悪化している気さえする。usaoさんが過ごした不安な日々を、解説とあわせて紹介します

⼩学校教師をしながらSNSにマンガを投稿していたusaoさん。ある⽇、うつと診断され、休職を経て退職することに。しかし、休職をしたにもかかわらず、一向によくなるどころか、むしろ悪化している気さえする。そんな不安な日々について、心療内科医・鈴木裕介先生の解説とあわせてご紹介します(本稿は『今のわたしになるまで〜うつと向き合った1年間の記録』の一部抜粋です)。

休んだからといって、すぐによくはならない

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)