聞く人が疲弊「自分を大きくみせがちな人」の特徴

聞く人が疲弊「自分を大きくみせがちな人」の特徴

自分を大きく見せようとしないことは、話しやすいと思われるうえで非常に重要なファクターではないでしょうか(写真:Kazpon/PIXTA)

累計250万部以上の書籍を手がける編集者である一方、ドラァグクイーンとして各種イベント、メディア、舞台公演などに出演する村本篤信氏による連載「話しやすい人になれば人生が変わる」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

自分を大きく見せようとしないことは重要なファクター これまで「話しやすい人になるためのマインド」の共通点として、話しやすいと思われるうえで、

「他人に対して興味を持つこと」

「この世に生きるすべての人に、それぞれの人生があり、学ばせてもらえるものがあると考えること」

「『世の中にはいろいろな人がいる』『たとえ自分とは異なる価値観でも、それがその人にとっての正義なのだ』ということをしっかりと理解すること」

「自分自身を受け入れること」

がなぜ大切なのかをお伝えしてきました。

今回は、「自分を大きく見せようとしないこと」の大切さについてお話ししたいと思います。

たとえばみなさんは、「自慢話が多い人や、自分を大きく見せようとして話を盛ったり、嘘をついたりする人と話していて、疲れてしまった」という経験をしたことがありませんか?

逆に、飾らずに、素のままの自分を出している人と話していると、自分自身もリラックスでき、会話が弾みませんか?

続きは 東洋経済オンライン で

関連記事(外部サイト)